現在のページは 言問学舎トップ の中の 国語力の中の 国語のアクティブラーニング のページです。

音読で育てる読解力
真の読解力・国語力を育む国語教材

『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』
楽しくて深い国語の世界へ、ようこそ!

   言問学舎でこの形式の授業を受けた生徒は、平均して2~3か月で200字
   詰め×3枚程度の感想文・作文は、苦にせず書けるようになっています!

  国語力が伸びない、育たない子どもたちが以前に増して多くなっているのは、多くの国語学習の場での勉強の内容が、他の教科と同じ「正解さがし」になっているからです。本来の国語学習は、まず何よりも「楽しい」ものです。「楽しく、かつ言葉として正しい文章を読み、そこに勉強する子どもたち自身が自らの心を添わせて、読み解き、考えをまとめて表現してゆく。」これが<真の読解力・国語力を育む国語の勉強>です。

  本書『国語のアクティブラーニング 音読で育てる読解力』は、文京区西片・本郷で17年間にわたって国語指導に高い評価を持つ言問学舎を経営する歌人・作家の小田原漂情が、子どもたちの国語学習のために書き下ろし、心を添わせ、読み解くための読解の手がかりである「読解シート」を組み合わせた上に、DVDで音読を視聴しながら楽しくて深い国語の世界へ入っていける、画期的な教材なのです。

  言問学舎でこの形式の授業を受けた生徒は、平均して2~3か月で200字詰め×3枚程度の感想文・作文が、苦にせず書けるようになっています(小学4年生以上)!
  また、小学4年~5年時点でこの形式の授業を重ねた生徒の方が、「受験用テキスト」主体の勉強を続けた生徒よりも6年秋の模試での成績が良いという、読解力を育てる上でのデータ的な結果も出ています。

 もちろん、この教材で「書くこと」の力を育てて、都立中高一貫校適性検査をクリアして合格した生徒もいますし、言問学舎の生徒は総じて「書く力」を十分身につけ、広い世界へ羽ばたいています。

 大学入学共通テストの記述問題(国語)で「何を書いていいかわからない‼」とうろたえないためにも、小学校時代からこの本で勉強し、国語の「書く」力を育てておきましょう!






◎本書は全国の書店から注文して購入していただくことができます。また言問学舎(文京区西片2-21-12/地下鉄南北線東大前駅徒歩3分)にご来社いただいて購入していただくことも可能です。どちらもむずかしい方は、メールでご注文いただくこともできますので、トップページのお問い合わせフォームから、「書籍購入希望」として、ご連絡下さい。その際、購入ご希望の書名と必要冊数を明記して下さいますようお願い致します。

 また、アマゾンほかネット書店での注文も可能になりました。アマゾンのストアは、以下のリンクをクリックしてご確認下さい。

https://www.amazon.co.jp/s?me=A94S50TV9JSZ1&marketplaceID=A1VC38T7YXB528

Amazon有限会社言問学舎

 

ページトップへ戻る